ドコモ系最安値「HISモバイル」と「OCNモバイルONE」比較

HISモバイルとOCNモバイルONE、格安SIM(MVNO)初心者にも最適な2社を比較。

旅行会社でおなじみのHISが提供するMVNOサービス「HISモバイル」は、新料金プラン「格安ステッププラン」の提供を開始しました。
格安ステッププランは、低容量から中容量のデータ容量を安く提供するプラン。1GBと3GBなら、ドコモ系最安値をアピールしています。
今回は、ドコモ系で人気があり、コスパにも優れているOCNモバイルONEとHISモバイルの新プランを比較していきます。

HISモバイルとOCNモバイルONEの料金プラン比較

まずは料金プランから見ていきましょう。
HISモバイルは格安ステッププラン、OCNモバイルONEは2021年4月に提供開始した新プランで比較していきます。

プランHISモバイルOCNモバイルONE
1GB590円700円
3GB790円900円
5GB1,190円
6GB1,200円
7GB1,490円
10G1,790円1,600円

月額料金は固定回線との割引などを適用しない場合の料金。1GBプランと3GBプランなら、たしかにHISモバイルが安いです。
OCNモバイルONEは、OCN光モバイル割りを提供しており、割引を適用すると200円割引が適用されます。(OCN光の月額料金から割引)
5GB以降の料金はOCNモバイルONEのほうが安くなっています。
とにかく安くスマホを持ちたいという人は、HISモバイルを検討してもよさそうです。

通話料金と通話オプションを比較

LINEやZoomなど、データ通信を活用した通話が主流となっていますが、たまに電話を使う人にとって通話料は気になるところです。
HISモバイルとOCNモバイルONE、どちらも税込11円/30秒。大手や他の格安SIMと比較しても、半額で通話ができます。
さらに、通話する際は専用アプリも必要なく、スマホに標準インストールしている電話アプリから通話が可能です。
他の格安SIMだと、専用の通話アプリから発信することで、半額の税込11円/30秒で通話ができるという仕組みです。
専用の通話アプリから発信するデメリットは、コールバックする際に間違えて標準の電話アプリから発信してしまい、税込22円/30秒の通常料金を請求されることがあります。
オートプレフィックスに対応するHISモバイルとOCNモバイルONEなら、いつも使っている電話アプリから発信しても半額での通話が可能です。

国内5分かけ放題など、電話オプションを比較

電話をよくかけるという人には、国内通話5分かけ放題といったオプションに加入ができます。
HISモバイルとOCNモバイルONE、それぞれにかけ放題オプションが用意されており、自分にあったオプションをえらぶとよいでしょう。

事業者名かけ放題オプション
HISモバイル5分かけ放題:月額700円
OCNモバイルONE10分かけ放題:月額935円
トップ3かけ放題:月額935円
完全かけ放題:月額1,400円

HISモバイルは、シンプルな5分かけ放題のみ。OCNモバイルONEは、使い方に合わせて選べる3つのかけ放題オプションを用意しています。
OCNモバイルONEのトップ3かけ放題は、その月に電話した番号から、上位3番号の通話料が0円になるというオプション。4番号目以降は、通常の通話料金が発生します。
あらかじめよく電話する番号がわかっている場合に利用するとよさそうです。
また、完全かけ放題はその名の通り、国内通話が0円になるオプションです。

セット購入できる端末を比較

ほとんどの格安SIM(MVNO)事業者は、スマホとセットで購入することができます。
HISモバイルとOCNモバイルONEも、スマホセットを取り扱っており、セット購入することで端末代金がお得になります。
もちろん、手持ちの端末があるという人はSIMカードだけの申込みをしてもOKです。

HISモバイル:定番Androidスマホと中古iPhoneをラインナップ

HISモバイルは、2021年7月5日(月)よりオンラインショップをオープン。SIMカードと一緒にAndroidスマホや中古iPhoneの購入ができます。
AndroidスマホはシャープのAQUOS senseシリーズ、モトローラー製moto eシリーズなど、定番製品が充実。UMIDIGIやNubiaといった、格安SIM(MVNO)での取扱いが珍しい製品も購入できます。
iPhoneは中古となり、iPhone7/8/11などを販売しています。
割引額は端末により、大幅な割引はおこなわれていない印象。セールを実施する可能性もあるので、格安SIMに乗り換えを検討している人は定期的にチェックしておいたほうがよさそうです。

OCNモバイルONE:端末はMVNO最安値で販売、新機種の販売も早い

OCNモバイルONEは、Androidスマホや中古iPhoneをラインナップ。どの端末も音声SIMカードとセットなら大幅な割引で購入が可能です。
端末価格の安さなら格安SIM(MVNO)事業者ではナンバーワンで、新機種の取扱いも比較的早いです。
通常価格もすでに割引された価格ですが、セールを利用することで、さらに安く購入することができます。

まとめ

HISモバイルOCNモバイルONE
料金
通話オプション
オートプレフィックス
データ繰り越し×
取扱い端末

今回は、HISモバイルとOCNモバイルONEを比較してきました。
HISモバイルは、2021年7月時点で1GBと3GBプランがドコモ系MVNO最安値。5GB以降はOCNモバイルONEが安くなっています。
HISモバイルとOCNモバイルONE、どちらも通話オプションが用意されており、普段どれだけ通話するかで加入するか決めるとよいでしょう。
HISモバイルはデータ繰り越しができないので要注意。OCNモバイルONEは、申込み不要で自動的に余ったデータ容量を翌月まで繰り越してくれます。
HISモバイルは最安値をアピールしていますが、全体的なサービスといしては今ひとつな印象。後発のMVNOサービスということで、今後の対応やサービスの改善に期待したいところです。
HISモバイルONEとOCNモバイルONE、どちらも専用アプリ不要で半額通話が可能なオートプレフィックスに対応しているので、初心者でも使いやすいMVNO事業者といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました